かゆみに効くサプリ

かゆみに効くサプリランキング!

肌のかゆみが気になって、なんとかしたいと思っている人は少なくないのではないでしょうか。集中力を削がれたり、一度気になり出すとあちこちかゆくなっていってしまうという人は多いと思います。

 

掻きすぎて肌がボロボロという場合や、中には出血してかさぶたになってしまっているというケースもあるでしょう。

 

そんなかゆみに対して、有効にはたらく成分としては何があるのでしょうか。
薬以外で、かゆみに効くサプリがあれば摂りたい人も多いと思います。

 

当サイトではかゆみに効くサプリのランキング、またかゆみの原因やかゆみに効く成分について紹介していきます。

 

かゆみに効くサプリランキング

アトケアプロ

デリケートな体質や敏感な子供の為に作られた100%オーガニック・アレルゲンフリーの体に優しいサプリです。

 

抗菌作用が非常に強く栄養も豊富なプロポリスパウダーを贅沢に使用し、余分なものを一切入れずに錠剤にしています。

 

プロポリス純度100%なので安心して飲むことができ、体が温まると発生し易い痒みを緩和してくれます。

 

オススメしたい人 ・お風呂上がりに全身に痒みが出る

・子供が痒がることが多く改善しない
・アレルギーを持っていて敏感な体質

主な特徴 ・1ヶ月分が実質無料でお試し出来る

・100%オーガニックなので子供にも安心
・国内の工場で製造と管理が行われている

成分 プロポリスFD末/コーンスターチ/乳糖/ソルビトールFP50など
価格 初回購入の場合は実質無料(送料500円のみ)
評価

 

 

ヒアロモイスチャー240

高純度のヒアルロン酸を含有した飲むスキンケア商品で、肌のカサカサやハリ不足の改善などを内側からサポートしてくれます。

 

3週間ほどで違いを実感する人が多く、1日4粒を生活に合わせて分けて飲むことが出来るので長く続けている人が多い人気のサプリメントです。

 

キューピーが30年以上も続けていたヒアルロン酸研究の成果が詰まっているので、高品質で安全なのも人気の秘密です。

 

オススメしたい人 ・肌がカサカサで痒くなることがある

・ハリや弾力のない年齢肌になった
・お化粧のノリが悪くて困っている

主な特徴 ・有名食品メーカーのサプリなので安心

・1日4粒を分けて飲めるので負担が少ない
・1日分でヒアルロン酸を240mgも摂取出来る

成分 オリーブ油/ゼラチン/ヒアルロン酸/グリセリンなど
価格 定期購入で初回価格1,780円
評価

 

 

澄肌漢方堂

皮膚炎とアレルギー体質の改善に特化している漢方薬で、12種類の生薬成分が優しく体を安定させてくれます。

 

季節の変わり目や夜になると皮膚が痒くなったり、炎症が出やすくなるという方の症状を緩和させる力があり、多くの人が愛飲しています。

 

GMP認定工場で製造されているので品質もよく、安心して続けられるお薬です。

 

オススメしたい人 ・アレルギー体質で皮膚の痒みがよくでる

・薬を飲んでもなかなか改善しない
・アカギレがよく出てしまって辛い

主な特徴 ・90日間の返金保証があるので安心

・12種類の生薬成分を配合している
・漢方薬独特の味や飲みづらさがない

成分 キキョウ/センキュウ/ダイオウ/オウゴンなど
価格 定期コース申込みで初回9,800円
評価

 

 

かゆみの原因について

 

まずは、かゆみの原因についてみていきましょう。身体がかゆくなるケースでは、主に2つの原因が挙げられます。何らかの疾患による場合と、肌が乾燥してかゆくなる場合です。双方についてみていきましょう。

何らかの疾患が原因でかゆくなる

かゆみの原因について1つ目は、何らかの疾患が原因で身体が痒くなる場合です。身体がかゆくなる病気と言うとアトピーなどのアレルギーが挙がりやすいでしょうか。アレルギーとは特定の物質、つまりアレルゲンに対して身体の反応が過剰に起こってしまう状態を指します。

 

 

 

アレルギーの反応が皮膚に出るもので、炎症を伴っている場合にアトピーとされます。アトピーの場合はかゆみも強く、肌が特徴的な状態になってしまうことから見ている方も辛いですね。症状を抱えている人であればなおさらでしょう。アトピー以外でも発疹を伴う皮膚疾患などはかゆみが起こりやすいとされています。

肌が乾燥してかゆくなる

肌の潤いや保湿など、肌に水分が保たれている必要があることはよく知られていますね。肌の水分が失われると、肌のはたらきが低下し抵抗力も下がってしまいます。抵抗力が下がるということは外からの刺激に弱くなるということになり、刺激に反応しやすくなるということや、刺激に対する反応としてかゆみが起こるとされています。

 

 

 

また、汗も皮膚を乾燥させることにつながります。汗というと湿った皮膚のイメージですが、汗が蒸発する際には皮膚の水分も蒸発してしまうようです。それによって水分が失われることに加え、汗によって皮膚の常在菌のバランスが崩れるとかゆみが起こると言われています。

かゆみに効く成分@乳酸菌

 

かゆみの原因についてみてきたところで、ここからは実際にかゆみに効く成分を紹介していきます。まず最初に挙げるのは、乳酸菌です。

腸の状態と全身との関連

乳酸菌が腸の調子を整えることはよく知られていると思います。腸内細菌には善玉菌や悪玉菌、日和見菌などがいますが、善玉菌を増やすことで腸内環境を良くしていくということです。そして、この腸の環境は全身に影響を及ぼすとされています。

 

 

 

腸の状態が免疫の状態を左右したり、腸脳相関といって腸の状態が脳や自律神経に影響するということです。免疫や自律神経でピンときた方もいると思いますが、どちらもアレルギーに関連しています。腸の状態を整えることで免疫や自律神経の調子も良くしていき、アトピーなどのアレルギーにも効果が期待できるということですね。

乳酸菌にも種類がある

乳酸菌のはたらきが腸内環境を整え、それによって全身に効果を及ぼすと述べましたが、乳酸菌をただたくさん摂れば良いということではありません。乳酸菌にもいくつかの種類があり、それぞれはたらく部位や得意な分野があるということです。ビフィズス菌やガセリ菌などの種類を聞いたことがある人もいると思います。

 

 

 

部位でみると、先に挙げたガセリ菌は小腸に長くとどまることで知られています。皮下脂肪を減らす効果も確認されているようです。ラブレ菌も小腸で主にはたらくとされ、免疫力の向上が期待できるとされています。先に挙げたもう1つであるビフィズス菌は大腸で主にはたらき、体脂肪やコレステロール、血糖値などに関与することで生活習慣病の予防に効果が期待できるようです。

 

 

 

これらの乳酸菌をバランスよく摂ることが重要とされ、偏って摂取してもあまり効果は期待できないようなので気を付けましょう。

かゆみに効く成分Aビオチン

 

かゆみに効く成分として次に紹介していくのは、ビオチンです。ビオチンはビタミンB7やビタミンHとも呼ばれています。

皮膚の健康に重要なビオチン

ビオチンは私たちの皮膚の健康に重要とされ、不足すると湿疹や肌荒れなどの皮膚炎が起こりやすくなるとされています。また、頭皮や髪にも影響しており、抜け毛や白髪の原因となってしまうようです。近年では男女問わず抜け毛や薄毛を気にしている人も多いので知っているという人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

皮膚がかゆいというときには、ヒスタミンという物質が体内で増えているということです。ヒスタミンはアレルギーにも関係していますね。このヒスタミンのはたらきをビオチンが抑制してくれるということで、かゆみ全般に効果が期待できるということのようです。

水溶性のビタミン

ビタミンBということからもわかるように、ビオチンは水溶性のビタミンです。ビオチンは通常の食生活で大きく不足することはないとされていますが、水溶性なので身体に留まっていることはありません。そういった意味では3食できちんと摂取することが重要で、サプリメントを活用した方が摂取しやすいでしょう。

 

 

 

他のビタミンBも身体の調子を整えることで皮膚の健康に関与したり、免疫力の向上につながるので、ビタミンB群をまとめてサプリメントで摂ると効果的ですね。サプリメントで摂る場合にも、一度にたくさん摂っても必要量以外は身体から出ていってしまうので、こまめに摂るようにした方が良いでしょう。

かゆみに効く成分Bコラーゲン

 

かゆみに効く成分としては、コラーゲンも挙げられます。美容面で取り上げられることの多いコラーゲンですが、そのはたらきはかゆみにも効果的です。

コラーゲンで保湿力アップ

保湿やハリのためにコラーゲンを摂るといったことが多いように、コラーゲンには肌に水分を留めるはたらきがあります。肌が乾燥しやすいという人は水分を逃がしやすいということなので、肌が刺激に弱くなりやすいということですね。かゆみの多くは乾燥によって起こっているとされているので、肌の保湿は重要です。

内側からかゆみ予防を

コラーゲン配合の化粧品やスキンケア用品なども多いですが、内側から変えていくことも大切です。コラーゲンをサプリメントで摂ることによって、肌が水分を保てるようにしていきましょう。ヒアルロン酸など他の美容成分が含まれているサプリメントもあるので、有効活用していきたいですね。

かゆみに効く成分CビタミンC

 

かゆみに効く成分としては、ビタミンCも有効です。ビタミンCというとストレスとの関係や、肌に良いということで知られていますね。どのような点で有効なのかをみていきましょう。

ビタミンCの抗酸化作用

私たちの身体が疲労やストレスによって活性酸素が発生しますが、その活性酸素は細胞を傷つけてしまいます。そんな活性酸素を除去するはたらきを抗酸化作用と言い、ビタミンCは抗酸化作用のある成分ということで知られています。抗酸化作用によって肌の健康を守ったり、免疫力を維持しています。

 

 

 

また、ストレスに対抗するためのビタミンであるとも言われ、実際にストレスを受けるとビタミンCを大量に消費するようです。ストレスは肌の大敵とも言われますが、ビタミンCの関与するところは幅広いということですね。

コラーゲンの合成

ビタミンCには上述したコラーゲンの合成を助けるはたらきもあります。コラーゲンを摂取しても再合成されなければ意味がないので、ビタミンCも一緒に摂取してしっかりと内側から変えていくことができればかゆみにも効果的ということですね。

まとめ

 

かゆみの原因やかゆみに効く成分について紹介してきましたがいかがでしたか?かゆみに対して身体の内側から対処していくために、必要な成分を知ってサプリメントを有効活用していきましょう。かゆみへの対処と美容の両方が図れるので、是非試してみたいものですね。